引きこもりのカランメソッド体験記【入会編】ド緊張の体験レッスン | HALENG(ハレング)
英語学習&世界のカルチャーについて発信

引きこもりのカランメソッド体験記【入会編】ド緊張の体験レッスン

  • カランメソッドを始めるか悩んでいる
  • オンライン英会話の体験レッスンを受ける勇気がない
  • QQEnglishに興味がある

こんな方を対象にした記事です。

記事のテーマ

引きこもりのカランメソッド体験記【入会編】ド緊張の体験レッスン

そうだ 英語、やろう。

てな感じで、いやでも、なぜ漠然とそんなことを思ったのかは覚えていないんですが、ある日、ふと頭にそんな考えが浮かんできたのでした。

そのあとすぐにQQEnglishでカランメソッドを始めたところ、これが運よく性に合い、2019年11月末に全ステージ(ステージ1~12)を制覇することに。

現在はDMM英会話で普通のオンライン英会話も楽しんでいますが、この記事では、引きこもり20代女がいかにカランメソッドを始めたのか、わたくしHALの体験談を記していきます。

カランメソッドを知る

さて、時は遡ること2018年11月半ば――。

そのとき私は諸事情により生活がガラッと変わり、引きこもりに拍車がかかるようなときだったので、なにか新しいことを始めたかったのでしょう。かくして「英会話」に白羽の矢が立ちました。

それまでも英語は ボチボチ勉強していたものの、実は英会話にはまったく興味がなかったのでした。なにを隠そう、根暗・コミュ障・人見知りの3拍子で、そもそも話すこと自体があまり好きじゃないんですよ。基本的には部屋で一人、楽しいサイレント・ビューティフル・ライフを送りたい……。

そんな引きこもりサブカル女子(Sad Girl)の成れの果てが、なにを思ったのか、インターネット越しに外国人と英語で話そうとし始めたものだから、さあ大変。

引きこもりサブカル女子の成れの果て

その辺の日本人と話すことだってあんまりないのに、まるっきり文化の違う外国人と話すことなんてないのでは……?

洋楽も洋画も大好きだけど、そうです私はなんと言っても「サブカル女子の成れの果て」。どこの国の人かなんて関係なく、基本的には知名度の低いものを好きになりがち。だから共通の趣味の人を見つけるのはちょっと大変そうだし。いや、普通にレディオヘッドとかタランティーノとか大好きなんだけども。

Radiohead - Creep

話を戻します。えー、そうそう、オンライン英会話を始めようと思ったのでした。でも画面越しにマンツーマンなんてことになったら、自分が答えに詰まったら会話はその時点で終了になるわけです。そして訪れる沈黙……。

え、そんなのめっちゃ気まずいじゃん! イヤ! でも教科書をやるだけの授業には魅力を感じない。どうしよう。ということで情報収集に明け暮れていたところ、なにやら「カランメソッド」なるものを発見。

ロンドンで誕生以来、50年以上にわたり、世界中で支持されてきた「カランメソッド」。徹底的に反復するよう設計された特訓法の英語学習方で、他の学習方法と比べ、1/4の学習時間でケンブリッジ試験に合格できることが実証されています。

英国生まれのカランメソッドは、英語へのパターン認識と処理スピードを速める、 従来とは非常に異なる学習方法です。
QQEnglish "Callan Method" Demonstration

先生がばんばん読み上げる質問に即答しなきゃいけないらしい。質疑応答の内容は決まっているのね。うん、なんかやってみないとよくわからないけど、自分で話す内容を考えなくて済むなら楽そう。コレにしよう!

カランメソッドのPCアプリ画面
カランメソッドのPCアプリ画面

かくして、オンライン英会話初心者のHAL、カランメソッドを始めることに。

オンライン英会話スクールを決める

カランメソッドを受講出来るオンライン英会話スクールは多くありますが、 私が最初に目を付けたのはQQEnglish。理由はこちら。

QQEnglishの特徴
  • オンライン英会話スクール初のカランメソッド正式認定校。
  • 授業料が一番安上がり(ステージ1より毎日受講した場合)。
  • 講師が全員正社員のオフィス勤務のため初心者(人見知り)には安心。

なお、授業料は私の入会後に値上げされていますが、 ステージ1より毎日受講した場合、かろうじてまだQQEnglishが最も安いです。

ただ、同じく正式認定校であるネイティブキャンプは通常の英会話レッスンが受け放題のスクールなのと、個人のレベルに応じてステージの途中から始められるので、これらを加味するとネイティブキャンプの方が安いという考え方も出来ます。

合う・合わないもあるので、無料体験レッスンは複数受けるのがおすすめです。

カランメソッド正式認定校

  1. QQEnglish
  2. ネイティブキャンプ
  3. ジオスオンライン

体験レッスン1回目

さて、そのQQEnglishの無料体験レッスンが、私にとって本当に初めてのオンライン英会話になったわけです。予約の数時間前から緊張でそわそわ。でもキャンセルは絶対にしないよう気持ちを奮い立たせ、遂に体験レッスンの時間になりました。

QQEnglishの 体験レッスンは2回あるのですが、最初は説明とレベル分けのための英語力チェック。実際の授業でも使用する独自ツール「Classroom(クラスルーム)」を使い、日本人スタッフによるガイダンスを受けました。

出てきたのは若い男性のスタッフ。普段は知らない人に電話をかけるのも苦手ですが、今回ばかりは日本人というだけで私の味方です。

が、簡単な挨拶を済ませたあとのこと。

では、これからする質問に英語で答えてください。

えっ……(ヤバい)

英語を勉強している目的はなんですか?
※日本語で

目的? あー、えー……目的は特にないんですが……
※同じくバリバリの日本語で

なんでも大丈夫ですよ。英語で答えてください。

あー……
I study English because I like it. This is my hobby.
※たぶんこんな感じだった

滝汗。

こ、こんなに言葉が出てこないものなのか……。正直、数年前に受けたTOEICの点数は845点とそれなりで、その後はぼちぼち洋書を読んできたので、英語初心者というわけでもないわけです。それがしゃべるとぼろぼろですよ。

この残酷な現実を実感したことで少し落ち込みましたが、とりあえず中級レベルには落ち着きました。いよいよ体験レッスン1回目のメインパート、レベルチェックのための授業がスタートします。

QQEnglishの講師は全員フィリピン人。出てきたのはにこやかで優しそうな女性でした。簡単な数ページの教材をつかってのレッスンで、内容はこんな感じ。やりとりは全部英語です。

それぞれの写真を見て、彼らがなにをしているのか答えてね。この人は?

He is swimming.

趣味を「I like + V-ing.」の形で教えてね。あなたの趣味はなーに?

I like listening to music.

25分はあっという間。でも日本人スタッフの日本語の質問に英語で答えるよりはしゃべれたかな。最初に日本人が出てきてくれたことである程度ほっとして、そのあと外国人と英語でしゃべることを十分に楽しめました。この流れはよかったです。

ただ、これは人によると思いますし、慣れればどうってことないのかもしれませんが、日本人と英語でしゃべるのにはまた別の緊張があります。

ポイント

英語をしゃべるという心構えはしておこう

なにはともあれ、そのあと再び日本人スタッフの男性が登場。感想を聞かれたので、笑顔で「楽しかったです!」と答えました。そして自分の現時点でのレベルやオススメの教材をその場でも教えてくれました。ちなみに質問もあればここで聞けます。私はこんな質問をしました。

休日は結構予約しづらいですか?

平日と比べたら込み合っていますね。でも予約出来ないことはないと思います。

まあそうですよね(笑)。実際にそんな感じでした。

そんな体験レッスン終了後にはスタッフの方からメッセージが。ここにはキャンペーン紹介、基本情報、おすすめのコース、おすすめの講師が記載されています。カランメソッドは全員にオススメしているんじゃないでしょうか。

おすすめのコース
  • カランメソッド
  • 日常英会話 4-A
オススメの講師
  • カランメソッド(6:30~16:00)
    • 講師A
    • 講師B
    • 講師C
    • 講師D
    • 講師E
    • 講師F
    • カランメソッド(16:00以降)
      • 講師G and more...
      • 日常英会話(6:30~16:00)
        • 講師A and more...
        • 日常英会話(16:00以降)
          • 講師G and more...

わりと詳細に教えてくれていますね。オススメの講師は本当に助かりました。初っ端から怖い、あるいは愛想のない先生に当たってしまい、ガラスのハートが砕け散った終わりです。でも日本人スタッフが勧めてくれたのであれば、大外れってことはまずないでしょう。

体験レッスン2回目

さて、2回目が通常授業を受けられる体験レッスンになります。前述のおすすめ講師より、一番ベテランっぽい先生を選択。

カランメソッドを受ければよかったような気がしますが、「カランはテキスト必須」という、おそらく体験レッスンには関係のないルールをくそ真面目に受け入れ、私は「日常英会話 4-A」を受講することに。

サブカル女子・男子のノーパソはみんなこんな感じ

相変わらず緊張しましたが、1回目の体験レッスンのおかげで些か気持ちは楽になり、普通に楽しく受講出来たように記憶しています。

講師が正社員でオフィス勤務なのもよかったです。オフィシャル感が強く、あくまで自分は生徒なんだから受け身でいいんだと思えました。

前述した通り、教材を一緒に進めるタイプの授業には興味がなかったのですが、慣れないうちはテキスト授業もいいかもしれません。自分から積極的に話さないといけないわけでもないので。

ともあれ体験レッスンがよかったので、私はそのままQQEnglishへ入会。さて、根暗・コミュ障・人見知り、引きこもりサブカル女子の成れの果ては、どのようにカランメソッドを続けていくのでしょうか……!?

続きは下記リンクにて。


カランメソッド正式認定校

  1. QQEnglish
  2. ネイティブキャンプ
  3. ジオスオンライン