映画の英語【表現・製作】映像美、カット割り、エンドロール etc. | HALENG(ハレング)
英語学習&世界のカルチャーについて発信

映画の英語【表現・製作】映像美、カット割り、エンドロール etc.

  • 英語で映画のことを話したいシネフィル
  • 映画業界で国際的に活躍したい
  • ギャスパー・ノエが好き

こんな方を対象にした記事です。

記事のテーマ

映画の英語【表現・製作】映像美、カット割り、エンドロール etc.

みんな大好き映画の話をするとき、特にシネフィルであればストーリーの面白さだけでなく、作品の芸術面や技術面について触れたいこともあるかと思います。とはいえ専門用語はなかなか難しいですよね。

この記事では、英英辞書や英語文献から学んだ映像表現・製作に関する映画用語を、実際の使用例を引用しながらまとめてみました。

フランスの映画監督、ギャスパー・ノエの作品を軸にしたのは完全なる好みですが、 良くも悪くも“普通ではない”作品ばかりなので、ノエ関連の記事には専門用語が多くて勉強になります。

Gaspar Noe hated 'Black Panther'

映像

映像技術、撮影術

cinematography

映像技術、撮影術:cinematography
映像技術、撮影術:cinematography

広義的なので便利な単語ですね。映画に関するなにかしらの技術面や映像面を褒めたいときは、このワードの前に形容詞をつければなんとかなります(笑)。

使用例

  • 構成美、映像美:beautiful cinematography
  • デジタル撮影技法:digital cinematography
  • 水中撮影技法:underwater cinematography

ギャスパー・ノエの最新作『クライマックス CLIMAX』の記事には「unusual editing and cinematography choices」=「変わった編集と撮影術の選択」という表現があります。

そのぶっ飛んだ内容もさることながら、記事にある通り「最長42分のシーンを含む長回し(long takes)がいくつもある」ようなヤツです。

Climax also features unusual editing and cinematography choices, and includes several lengthy long takes, including one lasting over 42 minutes.

The Climax Choreographer Explains Its Two Most Hellish Dance Scenes
11/1(金)公開『CLIMAX クライマックス』日本版予告

さらに、こちらは映画『アレックス』(英題『Irreversible』) の記事。

この映画には画面(映像)がぐるぐる回るシーンがあるんですが、ここでは「the whirling cinematography」=「回転する撮影技法」と表現されています。ちなみに「strobe /ˈstrəʊb/」は「ストロボ」です。

Many will likely remember the trippy ending to his 2002 film “Irreversible.” The whirling cinematography, the clever transitions and the closing strobes stand out, but the underbelly of that scene may have been the most normal element of it.

Gaspar Noé’s 5 Lessons On Using Music in Film (And Why Judy Garland is the Greatest)
ギャスパー・ノエ監督
IRREVERSIBLE - New Trailer (2019)

なお、画面の回転については「frame(コマ、画面)」、画面の上下反転については「imagery(映像表現)」でも触れています。


コマ、画面

frame

コマ、画面:frame
コマ、画面:frame

現在は映画もほとんどデジタルで撮影されていますが、フィルムには「コマ」がありましたね。日本語でも「フレーム」と言います。ここから日本語で言う「画面(映像)」という意味でも使えるようです。

映画『CLIMAX クライマックス』では画面が上下逆さまになるという斬新な演出があり、私は英会話のレッスンでこれを説明するのに「The screen turns up-side-down.」と言ってしまいましたが、あとから考てみると、スクリーン自体が回転したみたいに聞こえますね。伝わったとは思いますが……。

ノエのインタビュー記事には「the film’s frame spins in circles and turns upside-down」とありました。こう言えばよかったのか。

Clutching the hand-held camera, Noé enjoyed losing himself among them, like a drunk uncle at a teenage party, aping their movements to the point where the film’s frame spins in circles and turns upside-down like Diana Ross.

Gaspar Noé: 'Six people walked out of Climax? No! I usually have 25%'

なお、画面の回転については前項「cinematography(映像技術、撮影術 )」、画面の上下反転については次項「imagery(映像表現)」でも触れています。


映像表現

imagery

映像表現:imagery
映像表現:imagery

辞書を見ると「本、映画、絵画などでの言葉や絵の使用」とあります。

the use of words or pictures in books, films, paintings, etc. to describe ideas or situations:

Cambridge Dictionary「imagery」

前項「frame(コマ、画面)」で触れた、映画『CLIMAX クライマックス』における画面の上下反転ついて、この単語も「upside-down imagery」というように使われています。だいぶ広義に解釈出来るようなので、映像そのものについて話すときは役に立ちそう。

There are blocky intertitles (sample text: “life is a collective impossibility”) and strobing credits; upside-down imagery; color-coded spaces; and raw violence and sexuality.

Fantastic Fest Review: CLIMAX Is Gaspar Noe’s Infernal Comedy

「intertitle」に関してはこちら→「intertitle:文字演出、挿入字幕」

撮影

ワンカット撮影

one shot

continuous shot

ワンカット撮影:one shot, continuous shot
ワンカット撮影:one shot, continuous shot

映画『CLIMAX クライマックス』についての記事。ここには「one 42-minute-leng continuous shot」=「42分のワンカット」とあります。

But that’s not all. From the mid-point of Climax until its end, it’s one 42-minute-long continuous shot.

That One Continuous Shot & Gaspar Noe’s Climax

なお、名詞「shot」は撮影用語、名詞「cut」は編集用語。とはいえ日本語では特に区別せず「ワンカット」が一般的ですね。

ちなみに上田慎一郎『カメラを止めるな!」の英語タイトルは「One Cut of the Dead」です。

One Cut of the Dead - Official Trailer [HD] | A Shudder Exclusive

長回し

long take

長回し:long take
長回し:long take

前項「ワンカット撮影」と意味合いとしてはほぼ同じですね。注意しておきたいのは「長回し」はあくまで「long take」であり、次項「long shot」は「遠れた場所から撮影すること」の意になること。

映画『CLIMAX クライマックス』についての記事には「変わった編集と撮影術(cinematography)の選択」としたうえで「includes several lengthy long takes」=「いくつかの長回しを含む」と書かれています。

Climax also features unusual editing and cinematography choices, and includes several lengthy long takes, including one lasting over 42 minutes.

The Climax Choreographer Explains Its Two Most Hellish Dance Scenes

なお、ノエのインタビュー記事では「long cuts」という表現があります。これは「長回し(撮影技法)」というより「鑑賞した映画にあった長いカット」という感じ。

I thought it would be funny it do it the other way, like shoot almost documentary style with long cuts, seeing how the effects of drugs and alcohol are experienced, how its seen from the outside.

Climax: An Interview with director Gaspar Noe

遠写し

long shot

full shot

wide shot

遠写し:long shot, full shot, wide shot
遠写し:long shot, full shot, wide shot

名詞「shot」は撮影用語ですが、「長回し」を意味する「long take」「long cut」との混同に注意。

The term "long take" should not be confused with the term "long shot", which refers to the distance between the camera and its subject and not to the temporal length of the shot itself.

Wikipedia「long take」

俯瞰図、鳥瞰図

bird's-eye view

俯瞰図、鳥瞰図:bird's-eye view
俯瞰図、鳥瞰図:bird's-eye view

日本語で言う「鳥瞰図」そのままですね。

映画『エンター・ザ・ボイド』。歌舞伎町で撮影されたこの映画では、死んだ男の体から抜けた魂がサイケデリック・トーキョーを浮遊するので、街を見下ろすことになります。

……書いていると意味わかんないですが、とにかく記事には「映画は俯瞰視点で進む」とあります。

The film proceeds from a bird’s-eye view perspective, as Oscar hovers over Tokyo, recalling his tragic childhood that led him to a life of drugs. 

“ENTER THE VOID” AND ORIGINALITY IN FILM

ちなみに『エンター・ザ・ボイド』公開当時、私は映画撮影地である歌舞伎町のど真ん中にあったシネマスクエアとうきゅうにて、この映画を彼氏と一緒に鑑賞。クレイジーな感じで色々あったのでした。懐かしい。

編集

カット割り

cuts and transition

カット割り:cuts and trandition
カット割り:cuts and trandition

「カット割り 日本語」で検索すると「camera blocking」というのに引っ掛かりますが、多くの人が日本語で言う「カット割り」とはちょっと違うかと。

Wikipediaによれば、舞台などで「ステージ上の役者の位置や動きを決めること」、映画では「フレーム内の位置」という意味です。

In film, the term is sometimes used to speak of the arrangement of actors in the frame. In this context, there is also a need to consider the movement of the camera as part of the blocking process (see Cinematography).

Wikipedia「Blocking」

こちらの「blocking」チュートリアル動画を観ても、いわゆる「カット割り」と違うのがわかります。……厳密に言うとこれが「カット割り」ではあるんですが、一般的にはもっと「シーンのつなぎ」という意味合いが大きいと思うので。

Film Blocking Tutorial — Filmmaking Techniques for Directors: Ep3

色々調べた結果、個人的には「cut」と「transition」=「画面の切り替わり」 が一番しっくりきます。

In the post-production process of film editing and video editing, a cut is an abrupt, but usually trivial film transition from one sequence to another.

Wikipedia「Cut (transition) 」

A film transition is a technique used in the post-production process of film editing and video editing by which scenes or shots are combined.

Wikipedia「Film transition」

映画『アレックス』の記事。こちらには「the clever transitions」=「巧妙なカット割り(シーンの移り変わり)」とあります。

Many will likely remember the trippy ending to his 2002 film “Irreversible.” The whirling cinematography, the clever transitions and the closing strobes stand out, but the underbelly of that scene may have been the most normal element of it.

Gaspar Noé’s 5 Lessons On Using Music in Film (And Why Judy Garland is the Greatest)

タイトルバック

title sequence

映画『エンター・ザ・ボイド』 の こちらの映像をご覧ください。

Enter the Void - Opening Title Sequence | IFC Films

このように、タイトルやスタッフの名前などのクレジットだけで構成されている独立したシーンが「 title sequence(タイトルバック)」。これらがシーンの中に組み込まれている場合は次項「opening titles, opening credits(オープニングタイトル)」になります。

A title sequence (also called an opening sequence or intro) is the method by which films or television programs present their title, and key production and cast members, utilizing conceptual visuals and sound.

https://en.wikipedia.org/wiki/Title_sequence

When opening credits are built into a separate sequence of their own, the correct term is title sequence (such as the familiar James Bond and Pink Panther title sequences).

https://en.wikipedia.org/wiki/Opening_credits

オープニングタイトル

opening titles

opening credits

オープニングタイトル:opening titles, opening credits

タイトルやスタッフの名前などクレジットの組み込まれているシーンがこれ。前項「title sequence(タイトルバック)」はタイトルやスタッフの名前だけで構成されている独立したシーンのことです。

When opening credits are built into a separate sequence of their own, the correct term is title sequence (such as the familiar James Bond and Pink Panther title sequences).

https://en.wikipedia.org/wiki/Opening_credits

文字演出、挿入字幕

intertitle

title card

日本語字幕(subtitle)ではなく、サイレント映画のセリフ部分など、文字がバンっと出るやつ。 日本語でそのまま「インタータイトル」「タイトルカード」とも言うみたいですが、ちょっと専門的すぎてあんまりピンとこないですね。

ノエお得意の手法なので、もう一度『アレックス』最新版予告を。全編にわたって文字演出が見られます。

IRREVERSIBLE - New Trailer (2019)

映画『クライマックス CLIMAX』の記事では「blocky intertitle」の例として「life is a collective impossibility」の文字列が例に出されています。

There are blocky intertitles (sample text: “life is a collective impossibility”) and strobing credits; upside-down imagery; color-coded spaces; and raw violence and sexuality.

Fantastic Fest Review: CLIMAX Is Gaspar Noe’s Infernal Comedy

こちら『エンター・ザ・ボイド』の記事では「title card」が使われていますね。

“Attention: You have 30 seconds to leave the theater,” a title card reads just before the drama’s shocking conclusion.

Gaspar Noé invites you to ‘Enter the Void’

ちなみに上記『アレックス』最新予告編の最後に「TIME REVERSE ALL THINGS」と出てくる通り、映画の時間軸は逆転しています。


エンドロール

closing credits

end credits

エンドロール:closing credits, end credits
エンドロール:closing credits, end credits

なんと「エンドロール」は和製英語なんですね。

ちなみにノエは「エンドロールが嫌い」。だからタイトルバック(title sequence)ですべて終わらせちゃうんですね。あのバチンっと終わる感じはむしろ高揚感があって超好き。

I hate ending credits. I like movies from the 40s, 50s of which movies would end abruptly.

https://www.candidmagazine.com/climax-an-interview-with-director-gaspar-noe/

以上になります。映画の話をする際は、この記事で紹介したワードを使ってお話してみてください。