英会話

オンライン英会話1年の効果は「下手なりに話せる」音声付きレポート

  • オンライン英会話は意味がないって聞くけど本当?
  • 英語を話せるようになるには何時間が必要?
  • 1年毎日続けたらどのくらい上達するの?

こんな疑問を解消する記事です。

記事のテーマ

オンライン英会話1年の効果は「下手なりに話せる」音声付きレポート

英語をしゃべれるようになりたい――そんな思いを抱いた人が必ず小耳にはさむことになる「オンライン英会話」。

筆者・HALがオンライン英会話スクールに入会したのは、2018年12月のことでした。一時期はQQEnglishDMM英会話を掛け持ちしながら、ほぼ毎日英語を話し続け、気づいたら1年が過ぎていた次第です。

この記事では、その1年でスピーキング力がどのくらい伸びたのか、その成果を報告します。実際に英語をしゃべっているこんな感じの音声(アバター動画)もいくつか掲載していますのでご参考までに。

ちなみに2つのオンライン英会話の合計をキリよく計算しているため、正確には2018年12月1日~2020年2月10日までの期間、1年3か月での報告になります。

スクール入会前の英語力

まず前提となるのが、オンライン英会話を始める前の語学力です。

いくら「スピーキングを1年練習した」と言っても、もともとのレベルによって行き着く先は違います。ご自身と比較しながら読み進めてみてください。

TOEIC800点代で洋書多読

オンライン英会話を受け始める前、最後にTOEICを受けたのは2016年。そのときの点数は845点でした。

その後はぼちぼち参考書や洋書を読むような生活で、例えば村上春樹やカズオ・イシグロなどの英語小説も、ざっと理解しながら楽しんでいました。多読とまでは言えないかもしれませんが、ざっと20冊くらいの小説は読んだかと思います。

決して上級者ではありませんが、そこそこの語彙力と文法の知識は持っていた感じですね。

スピーキング力は壊滅的

世間では「TOEICが高得点でも話せない」とか「読めても話せない」とかはよく言いますよね。……これは本当にそう。まったく上手に話せませんでした。

例えば「This table's long.」という文章では、短縮形が口からスムーズに出てこず、さらにはこういった形容詞に「a」をつけてしまったり。読んだり書いたりする分には絶対にミスしないようなものも、声に出すとしっちゃかめっちゃか。この辺の詳細は下記リンクにて書いています。

冠詞なんかは未だに間違えますが、いまとは比べものにならないくらいひどかったですね。このころの音声がないのが残念。録っておくべきでした。

つまり「テストはまあまあできるけどしゃべれない」という、典型的な日本人脳。この状態から1年間のオンライン英会話生活がスタートします。

1年間のレッスン時間

   
一年間のレッスン時間
QQEnglish13,600分(約227時間)
DMM英会話19,275分(約321時間)
合計 32,875分(約548時間)

私が約一年にわたって受講していたのは、QQEnglishとDMM英会話の2社。上のグラフが、月ごと一日のレッスン時間をざっと表したものになります。

詳しい内訳も見ていきましょう。

QQEnglishでカランメソッド

   
QQEnglishのレッスン歴
受講期間2018年12月1日~2019年11月29日
レッスン総数544コマ(1コマ25分)
レッスン総時間 13,600分(約227時間)

私のオンライン英会話歴は、2018年12月1日にQQEnglishでスタートしました。

最初に始めたのは、先ほどちょろっと触れたカランメソッド。イギリスで誕生した「短時間で英語を習得できるメソッド」で、一問一答スタイル、ステージ12まであります。

一日2コマ (25分×2)、たまに休みながらもなるべく毎日受講しました。何度か日常英会話などのレッスンも受講しましたが、ほとんどカランメソッド。約1年で全12ステージを制覇しました。

カランメソッド自体についてはいくつか記事を書いているので、興味がある方はリンクを参考にしてください。

\カランメソッドの老舗/

DMM英会話でデイリーニュース

   
DMM英会話のレッスン歴
受講期間2019年2月11日~2020年2月10日(継続中)
レッスン総数544コマ(1コマ25分)
レッスン総時間 19,275分(約321時間)

カランメソッドを始めてから約2か月後、2019年2月にはDMM英会話に入会。

こちらも一日2コマ (25分×2)、たまに休みながらもなるべく毎日受講。9割のレッスンはデイリーニュース(Daily News)を使用し、たまにフリートークや写真描写などを挟む感じでレッスンを受けました。

デイリーニュースは世界中のニュース記事をちょうどいい長さに改編し、ボキャブラリーやディスカッションパートを追加したもので、基本的には毎日3記事更新されます。話題に困ることもないし、且つちゃんと「英会話」ができるのでおすすめの教材です。

\110か国以上の多国籍な講師/

英語のスピーキング音声

前述した通り、約1年間は2つのオンライン英会話を受講していた私。実際にスピーキング力はどのくらい伸びたのでしょうか?

百聞は一見にしかず、ならぬ、百読は一聴にしかず!

ということで、私が実際に英語を話しているアバター動画をご覧ください。

英文のリーディング音声

Earlier this month, Grimes revealed she is expecting her first child. But pregnancy can be really hard, and on Friday (Jan. 31), the songstress reached out to all the moms out there for some advice.

"Wow I’m starting to feel bad haha… how do y’all cope with working and having a baby?? I’m sorry I haven’t been promoting my album properly or on social media more," she wrote alongside a selfie. "This whole thing has been a bit of an ordeal."

Grimes Asks Moms For Pregnancy Advice After Feeling 'Woefully Ill Prepared'

米ビルボードのグライムスについての記事より、冒頭の2段落を練習なしの一発で読み上げてみました。とりあえず大失敗はしなくてよかった(笑)。

ちなみにグライムスはカナダ出身のミュージシャン兼ビジュアル・アーティスト。すっかりイーロン・マスクの恋人として有名になってしまいましたが、才気あふれるポップ・アイコンです。

ところどころ不明瞭は発音が目立つわりに、一つひとつの単語の発音が独立している感じがします。冒頭の「she is expecting her first child.」なんかは特に。あと「more」なんかもぼやっとしています。

あと個人的に気になるのは「the songstress reached out to all the moms out there for some advice.」のイントネーション。抑揚に欠けるせいでちょっとわかりにくい気がします。

好きなことを話したスピーチ音声

Hi, guys, how are you? Me? Honestly, I've been kind of depressed for several days because I wasn't able to get hold of a ticket for Billie Eilish's concert in Japan.

What a nightmare. Because I'm a big fan of her, I've liked her music since she released her debut album. Actually, I didn't expect it'd be so hard to get a ticket, but I think she became more popular even in Japan after the Grammy. So...yeah, I'm really sad.

Although, I have some other plans to go to concerts, but I'm not sure if they will be held because of coronaviruses.

Hmm...well, anyway, that's the life. So, maybe I should forget about them for a while. Thank you for listening and see you soon, bye.

注意
  • 2段落目「became more popular」ではなく「became much more popular」の方が自然な気がします。
  • 3段落目「Although」から始まっているので「but」はいらないです。
  • 4段落目「that's the life」ではなく「that's life」が正しいです。

この動画は、ビリー・アイリッシュ来日公演のチケットを取れなかったこと、さらにコロナウイルスのせいでほかのライブも中止になるのでは……という私の愚痴ですね(笑)。

ちなみにスクリプトはあとから作成したものです。動画を撮影する前になにをしゃべるかは決めましたが、文章を読み上げているわけではありません。

なんとなく形にはなっていますが、とっても簡単な単語と文章構成で話していることがわかります。とりあえず「伝える」ということのみクリアしている感じです。

実際のレッスンでのおしゃべり音声

Yeah, it's unusual that he became....yeah, he's got popularity in Japan, but his song, as you've said, generally not so...mainstream-like, sometimes...sometimes their songs are really catchy and pop, but, at the same time, they sound like alternative...and how can I say...yeah.

注意

間違いだらけです。

音質が悪いですが、こちらは実際にレッスンを受けながら録画したもの。米津玄師の楽曲を聴いてもらい、それについて話しています。

こちらは完全なるぶっつけ本番です。微妙なニュアンスをどう伝えるか考えながら話しています。こうなるとだいぶ言葉の詰まりが目立ちますね。

もともと会話力が著しく低く、日本語で話してもこんな感じなので、どもるのは仕方ないかもしれません。が、はっきり伝えたいことが思い描けているのに単語が出てこない、言い回しが出てこない、というのは間違いなく英語力の低さのせい。

実感した効果&これからの改善点

どのくらいのスピーキング力か、なんとなく把握していただけたと思いますが、私が自分で考えている1年の結果はこんな感じ。

実感した効果

  • 言いたいことはなんとなく伝えられる。
  • 単語や言い回しがわからなくて言葉に詰まったときになんとか言い換えができる。
  • 英語のリズムにある程度乗ってしゃべることができる。
  • 三人称や過去形などの単純ミスが減った。

これからの改善点

  • 複雑な物事や抽象的な概念が上手く伝えられない。
  • 簡単な単語ばかりを繰り返し使ってしまう。
  • 語尾など発音の不明瞭なところが多い。
  • 減ったとはいえ単純ミスがまだ多い。

ほぼ毎日のようにノンネイティブの外国人講師のレッスンを受けて約548時間。この時間と成果をどう捉えるかは人によると思います。

そんなにやって、これだけしか上手くならないのか……。

それくらいやれば、この程度のレベルにはなるんだ!

もちろん成長速度も人によって違うので、もっと早く上達するかもしれないし、もう少し時間がかかるかもしれません。ただ胸を張って言えることはひとつ。

楽しみながら続けることが一番の近道!

私はいまから来年の結果報告をするのが楽しみ。そのときは「上手くなったね!」と言ってもらえるように頑張りたいと思います。

……一緒に頑張れたら嬉しいな。オンライン英会話への入会に悩んでいる方は体験だけでもぜひ。入会された方や既に受講している方は、ツイッターもフォローしてください(笑)。

この記事で英会話へのモチベーションを上げることができたなら幸いです。

-英会話
-, ,

Copyright© HALENG(ハレング) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.