Googleで英語学習:ググリ方のコツ&便利な使い方 | HALENG(ハレング)
英語学習&世界のカルチャーについて発信

Googleで英語学習:ググリ方のコツ&便利な使い方

  • グーグルに英語版があることを知らない
  • 欲しい英語の情報が出てこない
  • 効率的な検索方法が知りたい

こんな方を対象にした記事です。

記事のテーマ

Googleで英語学習:ググリ方のコツ&便利な使い方

英語表現や英単語の意味を調べるとき、辞書ではなくGoogle(グーグル)で検索することも多いかと思います。でもなにも考えずワード検索するだけではもったいない! 使い方次第では、さらに効率よく調べ学習を進めることができるんです。

この記事では、ワード、発音、画像検索のテクニックを紹介しています。英語だけでなくほかの外国語学習の方もどうぞ。

英語版グーグル:日本語版との結果の違い

グーグルで検索するとき、この記事を読んでいる多くの人が日本で「google.com」に接続しているかと思います。

が、こうすると自動で日本語版にリダイレクトされてしまうため、出てくるのは日本語の検索結果ばかり。英語のみで検索してみても、日本語のウェブサイトがいっぱい出てきますよね。

英日辞書を見たり、日本語での説明が読みたいときはこれでいいのですが、英語文献を参考にしたいときには言語か国を指定したURLでアクセスし、日本語版への強制リダイレクトを防いでみてください。

どのグーグルを使ったかによって、 同じワードでも検索結果は大きく異なります。試しに英単語「woodwind (木管楽器)」を日本語版&英語版の両方でググってみましょう。

検索ワード

woodwind

日本語版グーグル「woodwind」検索結果
日本語版グーグル「woodwind」検索結果

日本語版ではやはり英日辞書が多く出てきて、さらに右カラムもすべて日本語になっているのがわかります。一方、英語版で検索するとこうなります。

英語版グーグル「woodwind」検索結果
英語版グーグル「woodwind」検索結果

結果がすべて英語なのはもちろんですが、検索結果には「People also ask」という日本語版にはない項目もあり、とっても便利です。 関連語も目に入ってきますね。

こうして自然と多くの英語に触れられるのは最大の利点ですので、英語で検索する際には英語版(または英語圏版)を使うことをおすすめします。

発音検索:唇の動きを確認

これは日本語版でも英語版でもどちらでもいいのですが、発音を調べる際は、英語で「〇〇 pronounce」と検索してみてください。唇の動きと共に発音を確認出来るこんなツールが出てきます。

検索ワード

woodwind pronounce

日本語版グーグル「woodwind pronounce」検索結果

まず発音記号で表記されていないので、より多くの人に伝わりやすいですね。

この発音表記の横にある再生ボタンを押すと、右側にあるアニメーションが音に合わせて動きます。速度に加え、🇬🇧イギリス英語と🇺🇸アメリカ英語を切り替えられるのもポイント。

これだけではよくわからない場合は、そのまま検索結果を覗くか、メニューバーからすぐ動画検索に移動することも出来ますね。

画像検索:イメージを膨らます

言語を学ぶ際に大切なのはイメージ。

人間の得る8割以上の情報は視覚から入ると言われていますし、辞書に載っているような直訳ではなかなか覚えられない言葉も、絵や写真を見るとずっと印象に残りやすいです。こんな感じですね。

検索ワード

woodwind

英語版グーグル「woodwind」画像検索結果
英語版グーグル「woodwind」画像検索結果

さらに、画像検索をすることで思いがけない新たな知識が得られることも。例えば音楽繋がりで「thrum」を検索してみましょう。

検索ワード

thrum

Longman曰く「エンジンのような低音を鳴らす」。実際にライブの記事でドラムなどの描写に使われているのも見たことがあります。

to make a low sound like the sound of an engine

Longman

が、画像検索をするとどうなるでしょうか?

英語版グーグル「thrum」画像検索結果
英語版グーグル「thrum」画像検索結果

……ナニコレ? なぜか編み物の画像がいっぱい出てきます。わけがわからないので「thrum knitting definition」で再検索してみましょう。

検索ワード

thrum knitting definition

英語版グーグル「thrum」定義の検索結果
英語版グーグル「thrum」定義の検索結果

なるほど。どうやら「紡がれていないフワフワのフリース、または手芸作品に使用されるフワフワの繊維、編み物テクニック」のことらしいです。

A thrum is a little wisp of unspun fleece or roving that is knit into your project every so often. Thrumming makes the insides soft and fuzzy, and freakishly warm. This technique is most often associated with Canada’s Province of Newfoundland and Labrador (where they know warm)

Thrums? What do you need to know?

確かに改めて画像検索結果を見てみると、フワフワしたものが目に入ります。

ついでにWikipedia(ウィキペディア)も確認してみたところ、リダイレクトで「rug hooking」という項目に飛ばされました。

ざっと読んでみると単語「thrum」の起源は古く、シェイクスピアの『ウィンザーの陽気な女房たち』にも出てくるようですね。

The origins of the word thrum are ancient, as Mr. Kent pointed out a reference in Shakespeare's Merry Wives of Windsor.

Wikipedia「Rug hooking」

……といったように脱線し続けてしまいますが、言葉が紐づいていくので面白いですし、一気に覚えやすくなります。

留意しておきたい点としては、思いがけないラッキーがあれば、思いがけないアンラッキーも残念ながらある、ということです。検索するワードによっては好ましくない画像にヒットすることがあるんですよね。

例えば私は「compartment(仕切り・区間)」を画像検索にかけたところ、なにやら「コンパートメント症候群」なるものに引っ掛かり、手術関連の画像にぶち当たりました。

画像検索に関しては心臓の弱い方やお子さんには十分注意していただきたく思います。


グーグルだけでなく、インターネットはとても便利で、ゆえに危険も潜んでいます。使い方には十分注意を払いながら、最大限上手く利用していきましょう。