社会

イタリアの「気候変動」必修科目化、ベネチア浸水の影響などを聞いた

  • イタリア人の環境問題への意識が気になる
  • ベネチアの浸水被害などをもたらした水害の影響が気になる
  • どんな自然災害に悩まされているのか知りたい

こんな方を対象にした記事です。

記事のテーマ

イタリアの「気候変動」必修科目化、ベネチア浸水の影響などを聞いた

昨今、環境問題および地球温暖化の対策に関する議論が、世界中で“ヒートアップ”しています。そんな中、🇮🇹イタリアが気候変動に関する授業の必須科目化を決定。2020年9月から、イタリアの学生は1年間で33時間、気候変動について学ぶことになります。

このニュースについてイタリア人に話を聞いてみました。

DMM英会話について

DMM英会話のウェブページ
画像出典:DMM英会話

今回の調査に利用したのは、110か国以上の多国籍な講師が在籍しているDMM英会話。

いろいろな国のことを知りたい人、世界のニュースについて生の意見を聞きたい人にはぴったりのオンライン英会話スクールです。無料体験では2レッスン受講可能となっています。

\110か国以上の多国籍な講師/

デイリーニュース(Daily News)

DMM英会話「Daily News」
画像出典:DMM英会話「Daily News」

教材もたくさん揃っていますが、私が普段から愛用していて、この記事を書くにあたっても使用したのが「Daily News」。

[sanko href="https://eikaiwa.dmm.com/app/daily-news" title="DMM英会話 デイリーニュース" site="DMM英会話" target="blank"]

こちらは世界中のニュース記事をちょうどいい長さに改編し、ボキャブラリーやディスカッションパートを追加したもので、基本的には毎日3記事更新されます。DMM英会話の豊富な教材の中でも一番人気です。

基本的な進め方としては、記事内に出てくる難易度の高い英単語の意味&例文を確認、英文記事を音読、記事の内容に関するクエスチョンパートがあればそれをやり、その後はディスカッションになります。

それぞれの記事はレベル5~10にレベル分けされており、ソートも出来るので、自分の実力に合わせて選ぶことが可能。教材についての詳細は下記リンクをご参照ください。

\110か国以上の多国籍な講師/

イタリア人講師とレッスン

イタリアの国旗

国名:イタリア共和国
地理:南ヨーロッパ
首都:ローマ
言語:イタリア語(公用語)など
人口:約6,000万人

イタリアの位置

今回はDMM英会話のデイリーニュースより「Italian Students to Study Climate Change from 2020」を使用しました。

[sanko href="https://eikaiwa.dmm.com/app/daily-news/article/italian-students-to-study-climate-change-from-2020/GfgXpAFUEeq17lMbxbLrVQ" title="Italian Students to Study Climate Change from 2020" site="DMM英会話 デイリーニュース"]

義務教育化前の学校での取り組み

イタリアの町

いいアイディアだと思います。最近は結構みんな環境問題について真剣に考えてますけど、若い世代の人たちの方がずっと関心が高いはずですし。

話を聞いたのは10代の女性講師。その若さながら、しっかりとした口調でテキパキと答えてくれました。

さて、今回イタリアが決定した「気候変動」の義務教育化は世界初とのことですが、現在のイタリアでは学校で環境問題について学ぶ機会はあるのでしょうか?

私の場合、学校で環境問題について話し合ったり、特に小学生のときは道や川のゴミ拾いなんかをする機会もありました。が、授業として勉強することはなかったですね。

私たちの地球

日本における「総合的な学習の時間」と似た感じですかね。ちなみに文部科学省のホームページによると、平成17年度時点で小学校の約8割、中学校の約5割が、総合の時間に環境問題を学んでいたようです。

こういった問題への意識の低さが指摘されるがちな日本ですが、多くの人が普通にペットボトルやビニールをリサイクルに出しているし、ポイ捨ても少ないし、意識は低くとも自然と環境問題には取り組んでいる気はします。

北イタリアと南イタリアの意識の差

イタリアのナポリ

イタリアでは捨てるゴミの量とか使う水の量とか、そういうのはみんな気にし始めてるかな。ただ、私は北西に位置する小さな町に住んでいるんですけど、ここではデモとかはあまりないですね。南イタリアの方がそういうのは盛んかも。もともと火山があって地震も多いから、自然災害とか環境問題への関心が高いんです。

ヴェスヴィオ山の噴火によって灰に埋もれてしまったあのポンペイも、南イタリアの都市・ナポリ近郊にあった古代都市。なるほど自然環境に差のある国では、地域によって自然災害および環境問題への意識が変わるんですね。

ベネチアの浸水被害

イタリアのベネチア

北部でも大都市だとデモが多いかも。今年はベネチア(ベニス)は水害もあったし。

2019年11月、記録的高潮で北東部の都市・ベネチアは浸水被害に遭い、街の80パーセント以上が沈んでしまいました。

[sanko href="https://eikaiwa.dmm.com/app/daily-news/article/worst-flooding-in-50-years-hits-venice/OoZTZAZtEeqjsKfAe7COtA" title="Worst Flooding in 50 Years Hits Venice" site="DMM英会話 デイリーニュース"]

ベネチアだけでなく、2019年はイタリア全土が豪風雨に見舞われ、大きな損害を出しました。このことが環境問題に関する授業の義務化に繋がったとのこと。

ただ私の町でも地球温暖化は間違いなく進んでいて。ここは山に近いんですけど、特に夏が異常なくらい暑くて湿気が多かったせいで、山岳氷河が少し溶けたんです。なんていうか、ぐらぐら不安定になっちゃって。科学者とか地質学者は「やばい」って言ってるし、やっぱり目に見えることだから最近はみんな心配してますね。

まとめ

たなびくイタリアの国旗

私も小学生のころに「地球温暖化」というワードは学校で習ったので、それより以前より気候変動への懸念は存在していたわけです。それが最近になって顕著化してきたからからこそ、世界中で真剣に考える人が増えたのでしょう。

昨今のムーブメントに対して個人的にいろいろ思うことはありますが、環境に優しいことをコツコツ続けるのに越したことはないですね。


英語の勉強だけでなく、今回のように世界各国の人々に話を聞くことができるのは、110か国以上の多国籍な講師が所属するDMM英会話の大きな魅力。

無料体験は2レッスン受講可能ですので、ご興味があればぜひ受講してみてください。

\110か国以上の多国籍な講師/

貴重な生の声を聞かせてくれた先生には心より感謝します。

イタリアについて余談

Blonde Redhead - The One I Love (Official Video)

私が一等好きな海外バンド、Blonde Redhead。1993年に結成されたニューヨークのバンドで、それほど知名度は高くないですが、インディ・アート・ロックシーンではレジェンド級の彼ら。

メンバー構成は少しユニークで、フロントマンはここ日本より京都出身のカズ・マキノ。そしてギターのアメデオ・パーチェと、ドラムのシモーネ・パーチェは、イタリア・ミラノ出身の双子です。

バンド結成のきっかけは、イタリアンレストランにて、アメデオとシモーネがカズに声をかけたこと。いわゆるナンパ(笑)。

そのカズ・マキノはいつまでも美しく、今年はKAZU名義でソロデビューもしていますが、ソロアルバムには坂本龍一も参加しています。この曲「Salty」では、サンプル、シンセ、トライアングル、ピアノを担当しているようです。

KAZU - Salty (Official Video)

-社会
-, ,

Copyright© HALENG(ハレング) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.