米津玄師「Flamingo」海外の反応は? 外国人に聴かせてみた | HALENG(ハレング)
英語学習&世界のカルチャーについて発信

米津玄師「Flamingo」海外の反応は? 外国人に聴かせてみた

  • 米津玄師の世界での評判が気になる
  • 「Flamingo」のレビューが読みたい
  • J-POP/J-ROCKの海外人気度が気になる

こんな方を対象にした記事です。

記事のテーマ

米津玄師「Flamingo」海外の反応は? 外国人に聴かせてみた

ここ日本には素晴らしい音楽がたくさんありますが、実際のところ海外ではほとんど聴かれていないのが現状です。

そこでこのブログでは、海外の反応を調査すべく「邦楽を聴かせてみた」シリーズを勝手に始動。完全なる個人の趣味で、さまざまなJ-POPおよびJ-ROCKについての感想や意見を調べていきます。

今回、DMM英会話からランダムに選んだ5か国の人に、米津玄師「Flamingo」を聴いてもらいました。

\110か国以上の多国籍な講師/

ミュージシャン&楽曲情報

米津玄師 MV「Flamingo」

平成から令和を席巻している時代の寵児、米津玄師。いまでは彼の名を知らない人はいないでしょう。もともとはハチ名義でボカロ曲を制作、ニコニコ動画などでその名を轟かせていましたが、いまではすっかり国民的大スターとなりましたね。

楽曲「Flamingo」は、2018年の超大ヒット曲「Lemon」の約半年後にリリースされたシングルで、ヒップホップ的のビートやファンクなギターに、どこまでも日本的な歌詞と民謡的なメロディを乗せた、オリエンタルな雰囲気漂うナンバーです。

果たして外国の方の耳にはどのように響くのでしょうか。

各国のリアクション

今回はランダムに選んだ以下5か国の先生たちにご協力いただきました。

  • 🇷🇸セルビア
  • 🇷🇺ロシア
  • 🇲🇲ミャンマー
  • 🇲🇬マダガスカル
  • 🇰🇪ケニア
米津玄師「Flamingo」調査対象国の地図
米津玄師「Flamingo」調査対象国

では、それぞれの国の方の感想を見ていきましょう。

セルビア

セルビア国旗

国名:セルビア共和国
地理:南東ヨーロッパのバルカン半島
首都:ベオグラード
言語:セルビア語(公用語)など
人口:約700万人

セルビアの位置

これ大好き。セルビアでも流行りそう。ダンスミュージックは本当に人気なので。

話を聞いたのは20代の女性講師。あの大ヒット曲 「Lemon」に続いて聴いてもらいました。

個人的には「Lemon」よりいい。もちろん「Lemon」もすごくいい曲なんだけど、自分からは聴かないと思うの。でも「Flamingo」はプレイリストに入れる! 年末の旅行で聴くわ。

私も個人的には「Flamingo」の方が好き。そして間違いなく「Flamingo」の方が海外受けもするだろうなと踏んでいたのですが、予想通りでしたね。とはいえ楽曲としては「Lemon」も高評価でした。詳しくは下記記事にて。

中毒性がある。サビの「fla-fla-fla-flamingo♪」がクールでキャッチー。うん。ポピュラーなアメリカン・ミュージックなんかはこういうフックが多い気がする。これってすごく大事だと思うんですよ。曲が自分好みじゃなくても、人の頭に残れば浸透していくから。アジアで言うと、PSY(サイ)「江南スタイル」とかね。

PSY - GANGNAM STYLE(강남스타일) M/V

仮に海外受けを考えるのであれば、サビのフックが英語なのはアドバンテージかもしれないですね。英語でなくても、例えばきゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」とか、日本語がわからない人でも音で覚えやすいやつ。

きゃりーぱみゅぱみゅ - PONPONPON , Kyary Pamyu Pamyu - PONPONPON

こういうやつは歌詞がわからなくても、リズムだけでどうにかなるから。でも「Flamingo」は歌詞もいいと思う。抽象的だからこそなんとでも捉えられますよね。

サウンドはロシア音楽に似てるかな。有名なのだとプッシー・ライオットとかタトゥーとか。なんか似たバイブスを感じますね。

Pussy Riot - Police State
t.A.T.u. - All The Things She Said

元カレは全員ヨーロッパの人かアメリカ人だし、あんまりアジアの男性に惹かれれたことがないんですけど、この人はすごく魅力的。なんでかなあ……。あ、ネイルもしてる! 最高。ダンスも超上手いし。なんの力も入ってないみたいに踊ってる。

ヨーロッパの方にこの暗い雰囲気の魅力が伝わるとはあまり思っていませんでした。もちろん個人の好みは大きいと思いますが、最近はK-POPが世界を席巻していますし、アジア人のスタイルも受け入れられつつあるのかな。

なお、みんな大好き(私も大好き)前髪で目が見えない系ですが、欧米では前髪をかき分けるヘアスタイルが主流。前に別のセルビアの先生も「特に男性はほぼみんな前髪がない」と言っていました。

ロシア

ロシア国旗

国名:ロシア連邦
地理:ユーラシア大陸北部
首都:モスクワ
言語:ロシア語(公用語)など
人口:約1億4000万人

ロシアの位置

面白い曲。メロディーがいい。あとロシアの音楽に似てます感じがします。

話を聞いたのは20代の女性講師。セルビアの先生曰く「ロシアの音楽に似てる」とのことで聴いてもらったのですが、私が聞く前にまさにその通りの感想をくれました。

たくさんの人が聴く機会さえあればこれも流行りそう。もちろんロシア人はロシアン・ミュージックを聴く傾向にありますけど、最近はやっぱりアメリカとかイギリスとか、ほかの国の音楽もヒットするので。英語の曲だってなんのことを歌ってるのか理解できない人も多いから、日本語の歌詞はネックにならないと思います。リズムとかメロディとかスタイルとかが大事。

彼女の言った「たくさんの人が聴く機会さえあれば」というのは本当にそうなんだと思います。作品だったり商品だったり、とにかくなんでも、一番難しいのは「知ってもらうこと」、つまり宣伝なんですよね。

ミャンマー

ミャンマー国旗

国名:ミャンマー連邦共和国
地理:東南アジアのインドシナ半島西部
首都:ネピドー
言語:ビルマ語(公用語)など
人口:約5500万人

ミャンマーの位置

すごく新しい感じがしますね。個人的にはこういう歌詞も好き。意味を考えさせるようなやつ。この曲も言葉をランダムに選んでいるように見えて、たぶんランダムではないと思うんですよ。意味や理由があって選んでるんだろうなって。

話を聞いたのは20代の女性講師。もちろん彼女はYouTubeの英語字幕を読んでいるので、米津玄師の使う日本語の妙だとかは届かないわけですが、それでも言葉の重みを捉えられたようです。

フラミンゴは彼の愛する女性の象徴なんじゃないかな。もしかしたらフラミンゴはこうやって踊って相手を誘惑する習性があるのかも。でも突然消えちゃうんですよね。しかも隠れ方を知ってるから捕まえるのが難しい。彼はフラミンゴみたいに踊って、そういう女性を自ら演じてるような気がします。

たった一回聴いただけでこんな考察をくれました。米津玄師の表現力と人の想像力が合わさると、異国の地からもこういう超素敵な感想がもらえるんですね。

ちなみにフラミンゴは本当に求愛ダンスをします。こんな感じ。カワイイ。

These Flamingos Have Sweet Dance Moves | Wild Argentina

でも流行るのに歌詞の意味は重要じゃなくて。ミャンマーではアリアナ・グランデとかのUSポップスはもちろん、いまはBTSとかのK-POPが流行ってるんですけど、ビートとかダンスたよかったんですよね。だから、この「Flamingo」は観ていて面白いですけど、基本的に日本のミュージシャンはもっと視覚で人を引き付ける必要があるっていうか……。まあ、邦楽って日本人に向けてしか作られてないと思うんですけど。

彼女はなかなか核心をついてくるのでぐうの音も出ません。本当にその通りで、海外受けを本気で狙いながら活動しているミュージシャンは少ないんですよね。

いや、それでいいと思います。世界を狙う必要なんていないので。そもそも米津玄師だって「J-POPをつくりたい」と語っていますからね。

ただ、日本人向けに作られた日本ものが世界ではどう受け入れられるのか、というところに目を向けると面白いわけです。

マダガスカル

マダガスカル国旗

国名:マダガスカル共和国
地理:アフリカの南東沿岸沖の西インド洋
首都:アンタナナリボ
言語:マダガスカル語およびフランス語(公用語)など
人口:約2500万人

マダガスカルの位置

面白い! ゾンビみたいに歩いてる。

話を聞いたのは10代の男性講師。あの奇妙で美しい動きは誰でも興味をそそられますよね。

彼の歌もいいですね。日本語はわからないけど、聞き取りやすい発声をしているのはわかる。人の心に残るにはすごく大事なことだと思う。特にサビの「fla-fla-fla-flamingo♪」頭に残りますね。

やっぱりサビのフックは強いみたい。最初に聴いたとき、私はサビよりもAメロやBメロの奇怪さに心奪われましたが、それは日本語が理解出来るからかも。

つまるところ、意図せずとも日本人と外国人のそれぞれに対するアプローチが上手く融合しているとうことかもしれないですね。

マダガスカルではアフリカン・ダンス・ミュージックがずっと人気で、最近はK-POPも流行ってるけど、K-POPは宣伝とビジュアルがよかったんだと思います。一番最初にヒットしたPSY(サイ)なんかも、曲っていうか視覚的に面白かったから。耳よりも目に訴えかけるべきだと思う。なんか「カラフル・クレイジー・アメージング!」みたいにすれば歴史を刻めるんじゃないかな(笑)。

「カラフル・クレイジー・アメージング」というパワーワード(笑)。いや極論、そういう傾向はあると思います。特になにか未知のものが流行るにはパッと見のわかりやすさが大事ですよね。

ちなみに教えてもらったマラガシー・ミュージックはこちら、Deniseというシンガー。マダガスカル音楽はちょっとレアだと思うので貼っておきます。

EFA NIOVA Denise

ケニア

ケニア国旗

国名:ケニア共和国
地理:東アフリカ
首都:ナイロビ
言語:スワヒリ語および英語(公用語)など
人口:約5000万人

ケニアの位置

すごくいい現代音楽。好き。自由気ままな感じがしますね。歌詞も抽象的だから自由に解釈出来る。

話を聞いたのは20代の女性講師。歌詞については直接的な方が人気かと思いましたが、意外と評判がいいですね。

彼女は「Lemon」について「死も恐れていない」「すごく自由」という素晴らしい感想をくれたのですが、「Flamingo」でも同じように「Free」というワードをたくさんいただきました。すごくよくわかります。

ソニー所属の人気ミュージシャンなの? 億万長者でしょうね(笑)。

これは……でしょうね(笑)。

まとめ:海外で人気を得る要素はたくさん

「Flamingo」海外の反応

  1. サウンドはロシアン・ミュージックっぽい。
  2. 解釈を聴く人にゆだねる抽象的な歌詞がいい。
  3. サビのフックが特に頭に残る。
  4. 独特な動きのダンスが目に焼き付く。
  5. 知られさえすれば外国でも流行りそう。

想像通り、あるいは想像以上に評価はとても高かったです。世界のトレンドとしてはやっぱりビートが大事ですね。

意外だったのは歌詞の評判でしょうか。米津玄師の紡ぐ言葉の魅力は日本文学的な美しさだと思っているので、自動翻訳されたときに歌詞の良さが光るとはあまり思っていませんでした。

あとやっぱりダンスは世界中の人への大きなアプローチになりますね。きっかけさえあれば海外で人気を得る要素はたくさんある気がしました。


英語の勉強だけでなく、今回のように世界各国の人々に話を聞くことができるのは、110か国以上の多国籍な講師が所属するDMM英会話の大きな魅力。

無料体験は2レッスン受講可能ですので、ご興味があればぜひ受講してみてください。

\110か国以上の多国籍な講師/

貴重な生の声を聞かせてくれた先生には心より感謝します。