本の英語【小説】純文学、前日譚、時系列バラバラ、逆時系列 etc. | HALENG(ハレング)
英語学習&世界のカルチャーについて発信

本の英語【小説】純文学、前日譚、時系列バラバラ、逆時系列 etc.

  • 英語で小説のことを話したい
  • 小説の内容やプロットから洋書を探したい
  • とにかく文学に興味がある

こんな方を対象にした記事です。

記事のテーマ

本の英語【小説】純文学、前日譚、時系列バラバラ、逆時系列 etc.

小説について英語で語りたい。でもある日、単語がぜんぜんわからないことに気づいたのでした。例えばこんな文章。

世界で最も知られている日本の小説家といえば、誰もがまず村上春樹を思い浮かべると思います。私が最初に村上春樹を読んだのは中学生のとき、作品は『海辺のカフカ』。主人公「ボク」の話が一人称、「ナカタさん」の話が三人称、二つの物語がパラレル進行で繰り広げられる純文学です。

難しいですね。この記事では、英英辞書や英語文献から学んだ小説用語を、実際の使用例を引用しながらまとめてみました。

文学の種類

古典

classic books

classic novels

万年筆での執筆作業
古典:classic books, classic novels

ウィキペディアには「模範的で注目に値する本」とあります。西洋の「classic books」も、日本の「古典」も、定義や価値観はいろいろあるみたいです。

A classic is a book accepted as being exemplary or noteworthy, for example through an imprimatur such as being listed in a list of great books, or through a reader's personal opinion.

Wikipedia「Classic book」

近代文学

modern classics

modern-day classics

古いタイプライター
近代文学:modern classics, modern-day classics

太宰治のウィキペディアのページを確認すると「“modern-day classics”と見なされている」と書いてあります。つまり「近代文学」ですね。

A number of his most popular works, such as The Setting Sun (Shayō) and No Longer Human (Ningen Shikkaku), are considered modern-day classics in Japan.

Wikipedia「Osamu Dazai」

また、 ウィキペディアの「小説」ページには「スタニスワフ・レム、アイザック・アシモフ、アーサー・C・クラークは、人間と機械の関係にフォーカスを当てた“modern classics”を書いた」とありますね。

George Orwell's Nineteen Eighty-Four (1949) deals with totalitarianism and surveillance, among other matters, while Stanisław Lem, Isaac Asimov and Arthur C. Clarke produced modern classics which focus on the interaction between humans and machines.

Wikipedia「Novel」

上記の中だと私はスタニスワム・レム『虚数』しか読んだことがないですが、これは「架空の本の書評集」というぶっとびSF小説。英語で読む気には到底なれない……。

スタニスワム・レム著

現代文学

contemporary literature

パソコンでの執筆作業
現代文学:contemporary literature

定義としては「第二次世界大戦後の文学」とのこと。前項でも触れた太宰治は基本的に近代文学ですが、厳密には現代文学にもかぶっていますね。

literature with its setting generally after World War II.

Wikipedia「Contemporary literature」

純文学

philosophical fiction

広大な海を前に佇む人影
純文学:philosophical fiction

よく紹介されている「pure literature」はただの直訳ですね。

そもそも「純文学」の定義は難しいですが、英語で言うならこの「philosophical fiction」がドンピシャ。ウィキペディアの作品リストには太宰治『人間失格』も含まれています。

Philosophical fiction refers to the class of works of fiction which devote a significant portion of their content to the sort of questions normally addressed in discursive philosophy.

Wikipedia「Philosophical fiction」

ちなみに英語版『人間失格』のタイトルは『No Longer Human』。これは素晴らしい英訳じゃないでしょうか。原題通りの簡潔さで、美しいインパクトがあると思います。

洋書の英語レベルはそこそこ高いですね。かの有名な冒頭文「恥の多い生涯を送ってきました。」が「Mine has been a life of much shame.」と訳されていることからも、すごく読みやすいわけではないことがわかると思います。

が、 英語がそれほど得意でなくても、やはり原作を読んだことがある人なら読みやすいです。日本語と比べられるのでいい勉強になります。

文章の種類

続編

sequel

映画になりますが、わかりやすいので『スター・ウォーズ』を例に。

旧三部作のウィキペディアには「旧三部作のあとに、その前日譚となる1999年から2005年の三部作(trilogy)と、続編となる2015年から2019年の三部作が続いた」とあります。

Beginning in medias res, the original trilogy serves as the second act of the nine-episode Skywalker saga. It was followed by a prequel trilogy between 1999 and 2005, and a sequel trilogy between 2015 and 2019.

Wikipedia「Star Wars Trilogy」
「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」最後の予告篇 世界同時解禁

前日譚

prequel

とある物語の前に起こっていた出来事を描いたもの。

引き続き例が映画になりますが、わかりやすいので『スター・ウォーズ』のウィキペディアを。新三部作のウィキペディアには「旧三部作の前日譚として公開された」と書かれています。

The trilogy was released from 1999 to 2005 and is a prequel to the original Star Wars trilogy (1977–83).

Wikipedia「Star Wars prequel trilogy」
「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」トレーラー

私はこれで一時期、ヘイデン・クリステンセンにドはまりしたのでした。懐かしい。


献辞

dedication

ドライフラワーを差し出す少女
献辞:dedication

よく本の最初にある「愛するメアリーに捧ぐ」とかいうやつですね。

a speech, piece of writing, poem, etc. containing great praise, especially for someone who recently died or retired from work

Cambridge Dictionary「eulogy」

例えば私の本棚から献辞がありそうな本をテキトーにピックして探してみると……ありました。ミランダ・ジュライ『いちばんここに似合う人』。最初の方のページに「ジュリア・ブライアン=ウィルソンに」という献辞があります。

ちなみにこの本は、フランク・オコナー国際短篇賞を受賞した短編集。原題は『No One Belongs Here More Than You』。

些かシュールでウィットに富んだ物語はまさに海外小説といった感じ。英語レベルは若干高めですが、短編というフォーマットは読みやすいですね。

ミランダ・ジュライ著『いちばんここに似合う人』

動詞「dedicate」については下記リンクにて。


あらすじ

summary

synopsis

これはどちらでもOKです。

a short statement that gives the main information about something, without giving all the details

Cambridge Dictionary「summary」

a short description of the main events or ideas in a book, film etc

Cambridge Dictionary「synopsis」

執筆テクニック

表現方法

narrative

本のページが舞い落ちる中で考える人
表現方法:narrative

日本語に該当する語がないですが、辞書を参考にすると「物語や伝え方」「説明や理解の仕方」とあります。日本語では「物語」と訳されていることが多いようですが、いうなれば「表現方法」が相応しいかと。

a story or a description of a series of events
a particular way of explaining or understanding events

Cambridge Dictionary「narrative」

文体

writing style

開いて並べられた本
文体:writing style

村上春樹のウィキペディアのページには「文体」の項目があり、ここには「ほとんどの作品は日本の私小説では一般的な一人称(first-person narrative)で書かれている」とあります。

Writing style
Most of Haruki Murakami's works use first-person narrative in the tradition of the Japanese I Novel.

Wikipedia「Haruki Murakami」

なお、「私小説」に対応する「I Novel」はレッド日本文学だけに使われるワード。一般的には英語に該当する語がないようです。


時系列順ではない表現方法

nonlinear narrative

disjointed narrative

disrupted narrative

素早く変わるパタパタ時計
時系列順ではない表現方法:nonliniear narrative, disjointed narrative, disrupted narrative

単語「linear」が「直線の」という意味なので、「non-linear narrative」は「直線的でない物語」となります。

つまり時系列順に進まない物語のことで、時系列バラバラ逆時系列パラレル進行など、とにかく出来事の発生順に描かれていなければすべてこれ。

Nonlinear narrative, disjointed narrative or disrupted narrative is a narrative technique, sometimes used in literature, film, hypertext websites and other narratives, where events are portrayed, for example, out of chronological order or in other ways where the narrative does not follow the direct causality pattern of the events featured, such as parallel distinctive plot lines, dream immersions or narrating another story inside the main plot-line.

Wikipedia「Nonlinear narrative」

時系列バラバラ、逆時系列

non-chronological order

タイムトラベルのトンネルに吸い込まれる人
時系列バラバラ、逆時系列:non-chronological order

単語「chronological」が「時系列順の」なので、その否定形です。前置詞「in」と一緒に使えます。

ウィキペディア の「時系列順ではない表現方法(nonlinear narrative)」ページには、日本アニメにはこの構成が多いとした上で「例えば『涼宮ハルヒの憂鬱』なんかは、エピソードの時系列がバラバラで放送された」とあります。

In The Melancholy of Haruhi Suzumiya, for example, the episodes were deliberately aired in non-chronological order.

Wikipedia「Nonlinear narrative」

時系列をいじってあるのは小説よりも、上記の通りアニメだったり、映画の方が多いですね。クリストファー・ノーラン作品や、ギャスパー・ノエ『アレックス』、ミシェル・ゴンドリー『エターナル・サンシャイン』辺りが有名なところでしょうか。

時系列バラバラで有名なの小説は、カート・ヴォネガット『スローターハウス5』。

これは主人公自身が時系列バラバラの人生を送ることになる、というとんでもない話です。洋書の英語レベルとしては、そこそこ洋書を読んだことがある人なら辞書を多用せずとも読めると思います。

カート・ヴォネガット著『スローターハウス5』

逆時系列

reverse chronological order

reverse chronology

そのままですね。こちらも前置詞「in」と一緒に使えます。

ウィキペディアでは、時系列が逆になっている有名なミュージックビデオとして、コールドプレイ「The scientist」が挙げられています。

Multiple music videos—including, perhaps most famously, Coldplay's "The Scientist"—use reverse chronology in which a scene plays backwards while someone sings normally.

Wikipedia「Reverse chronology」
Coldplay - The Scientist

パラレル進行

parallel story

parallel narrative

parallel plot

二本の道の前で悩む人
パラレル進行:parallel story, parallel narrative, parallel plot

二つ以上のストーリーが繋がっている物語。

日本語でも「パラレルワールド」というのはよく耳にしますが、単語「parallel」には「平行(の)」「類似(の)」という意味があります。揃って並んでいるイメージですね。

a story structure in which the writer includes two or more separate narratives linked by a common character, event, or theme.

Parallel Plot and Nonlinear Narrative

有名な作品は、記事の冒頭で触れた村上春樹『海辺のカフカ』など。そもそも村上春樹はこのパターンが多いですね。

なお、村上春樹作品の英語版は読みやすいので、原作を読んだことがある人はもちろん、読んだことがない人にもおすすめ。単語や文法がシンプルなのと、日本での話なので世界をイメージしやすいです。

ただまったく“日本的”ではないんですよね。海外でも受け入れられているのも納得。村上春樹が嫌いな人も英語版を読んだら印象が変わるかもしれません。文章の癖がない(わからない)ので。

作品数もたくさんあるので多読にももってこいです。

村上春樹著『海辺のカフカ』

一人称

first-person narrative

first-person perspective

カメラで自撮りする人の手
一人称:first-person narrative, first-person perspective

日本語で言う「僕は~」「私は~」という風に書かれる文章。人物の心理描写を綿密に描けるため、日本の私小説(I Novel)、あるいは私小説的な純文学ではこのパターンが多いです。

昔のテレビゲームは三人称(third-person narrative/perspective)がほとんどでしたが、現代のPCゲームは一人称が多くなっていますね。

First person creates a close relationship between the narrator and reader, by referring to the viewpoint character with first person pronouns like I (or we, if the narrator is part of a larger group).

https://en.wikipedia.org/wiki/Narration

三人称

third-person narrative

third-person perspective

カメラのレンズをこちらに向ける人
三人称:third-person narrative, third-person perspective

日本語で言う「彼は~」「彼女は~」という風に書かれる文章。客観的な視点で物語が進んでいきます。

In the third-person narrative mode, the narrator refers to all characters with third person pronouns like he, she, or they, and never first- or second-person pronouns.

Wikipedia「Narration」

このくらいを覚えておけば、小説について概要程度は説明出来るかと思います。ぜひ使ってみてください。