英語の教材

日常会話で使う英語イディオム参考書『Practical Everyday English』【レビュー】

  • 英語ネイティブに少しでも近づきたい
  • 教科書英語から1ランクレベルアップしたい
  • 本場のイギリス英語を学びたい

こんな方を対象にした記事です。

記事のテーマ

日常会話で使う英語イディオム参考書『Practical Everyday English』【レビュー】

英語の勉強や英会話を始めて少し経つと、口語表現に興味が湧いてきますよね。

ただネイティブが日常的に使っているイディオムや表現を大量に調べるのには労力がいります。本当に使われているのか怪しんじゃうことも……。

そこで今回レビューするのは、イギリス人の著者による教材『Practical Everyday English』。ネイティブが実際に使っている日常英語をたくさん学ぶことができる良書です。

Practical Everyday English

一体どんな本なのか、その特徴をメリット&デメリットと共に見ていきましょう。

Practical Everyday English

タイトルは「実用的な日常英語」。内容は本当にその通りで、とにかくたくさんのイディオム、表現、単語の応用方法などが例文と共に掲載されています。

イディオムのシリーズは3冊

基本情報

  • ペーパーバック:212ページ
  • 出版社:Montserrat Publishing; 5th Revised版 (2009/1/2)
  • 言語:英語
  • 商品パッケージの寸法:9 x 1.8 x 24.3 cm

全体は9つのチャプターに分かれており、各チャプターの終わりには、学んだイディオムや表現がふんだんに盛り込まれた長文と、選択式の簡易テストが掲載されています。

この記事では一番ベーシックな『Practical Everyday English』を紹介していますが、イディオムの同シリーズは3冊。レベルは下から「プラクティカル」「アドバンス」「ハイレベル」の順です。

Steven Collins著 ▼「なか見!検索」あり
Steven Collins著 ▼「試し読み」あり
Steven Collins著 ▼「試し読み」あり

下記リンクでは、それぞれのチャプター1のテキストと音声を無料ダウンロードできます。

おすすめする理由

『Practical Everyday English』実物写真

ここでは『Practical Everyday English』のなにが特別なのか、その特徴を5つご紹介します。

注意

掲載している書面の画像はすべて、無料配布されているチャプター1からの出典です。

実用的なネイティブの英語を学べる

著者はロンドン生まれのスティーヴン・コリンズ(Steven Collins)。弁護士や英語教師の経験があり、教師として働いているときにこの本の執筆を思いついたとのこと。

日常英語はやっぱりネイティブに習うのが一番。日本に住んでいる日本人が書いた参考書では限度があります。そういう意味で全面的に信頼がおけるので、安心して学ぶことができますね。

ちなみにイギリスの学生向けに書かれた歴史の教科書『GCSE Modern World History』もおすすめです。こちらは英語で世界史を学べる優れもの。気になったかたはチェックしてみてください。

熟語の暗記にぴったりのしつこさ

上の画像は14ページに出てくる「to come round to(最終的に同意する)」。のちほど復習することになるのですが、それがこちら。

別項目の例文に使われています。

暗記にはとにかく「反復」が大事!

一瞬で覚えたものは一瞬で頭から消えてしまうのが現実。下記リンクで詳しく触れていますが、この人間の記憶と忘却を表した「ヘルマン・エビングハウスの忘却曲線」というものもあります。

話を戻しますが、本書『Practical Everyday English』では、学習した単語が繰り返し登場。読み進めれば読み進めるほど、前にならった表現を復習できる構成になっています。

文法などの注釈が丁寧

表現の意味や例文に加え、表現の細かな違いや文法などの説明が丁寧に、とてもわかりやすく書いてあります。

会話をする上でニュアンスはとっても大事。ネイティブだからこそわかる言葉の感覚を掴むことができるのでありがたいです。

なお、苦手な人も多い文法ですが、英語で学んだ方がわかりやすいことも多いです。オンライン英会話でも受講できるイギリス発祥の「カランメソッド」なんかはその典型ですね。

イラストにユーモアがたっぷり

I don't want to make a fuss, but you'd better do your shirt up before meeting the boss."
あんまりうるさく言いたくないけど、ボスに会う前にそのシャツをどうにかしなさいよ。

『Practical Everyday English』チャプター1より

こちらは「do up(身なりを整える)」の挿絵。例文は普通ですが、挿絵を見てびっくり。

こんなにふざけたやつだったのかよ!

「I HATE WORK」ってすごいな。100パーセント同意するけど。

イラストはぜんぶこんな感じです。私は面白く見ていますが、だいぶクセがあるので、好みは分かれるかもしれませんね。Amazonのレビューにも「残念」という意見がありました。

イギリス英語ばりばりのCD音声

『Practical Everyday English』付属CD

CDには、各チャプターの最後にある長文の読み上げ音声が録音されています。そこまでに学習した日常英語が多数盛り込まれている素晴らしい文章です。

読み上げ音声はめちゃくちゃ速く、それもコテコテのイギリス英語。特に中年女性の英語がすごい……。リスニングはかなり難しいです。鍛えられます。

チャプター1の音声は無料で聴けて、ダウンロードもできますので、ご興味があれば下記リンクからどうぞ。

Steven Collins著 ▼「なか見!検索」あり

全体的なデメリット

『Practical Everyday English』実物写真

正直なところ、ほぼデメリットは思い当たらないですが、1つだけ……。

新品を売っている販売店が少ない

少なくとも新品を販売している日本のネットショッピングサイトはAmazonだけ。在庫切れも起こり得ますね。

このような商品形態や流通に関するデメリットは存在しますが、書籍自体は素晴らしいです。

まとめ:教科書英語から実用英語への一歩

パーティーで雑談する人たち

『Practical Everyday English』は、伝わる「教科書英語」から、自然な「実用英語」へ進むための大きなステップです。

アメリカ英語を学びたい人にはちょっと残念なくらい、こてこてのイギリス英語ですが、もちろんアメリカ英語でも使える表現はたくさんあります。こんなに実用的且つわかりやすい日常英語の参考書、ほかにあるのか……?

ぜひ本書で日常英語を学んでみてください。

Steven Collins著 ▼「なか見!検索」あり
Steven Collins著 ▼「試し読み」あり
Steven Collins著 ▼「試し読み」あり

-英語の教材
-

Copyright© HALENG(ハレング) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.