イーロン・マスクの恋人? グライムスは親日家の異次元ポップアイコンです | HALENG(ハレング)
英語学習&世界のカルチャーについて発信

イーロン・マスクの恋人? グライムスは親日家の異次元ポップアイコンです

  • テスラのCEOイーロン・マスクの新恋人としてグライムスを知った
  • グライムスの人柄やアーティスト性について知りたい
  • 英語を勉強しているグライムスのファン

こんな方を対象にした記事です。

記事のテーマ

イーロン・マスクの恋人? グライムスは親日家の異次元ポップアイコンです

カナダ出身のミュージシャン兼ビジュアル・アーティスト、さらにはファッションモデルとしても活動しているグライムス(Grimes)。その異質な才能で、デビュー当初からカルト的な人気を誇るインディ界のヒロインです。

ところが2018年、テスラおよびスペースX社のCEOイーロン・マスクとの交際が明らかになってから、世間的にはすっかり「イーロン・マスクの恋人」と認識されるように……。

グライムスのファンとしては解せない! というわけで、彼女のアーティスト性と人柄について、英語インタビューや記事を参考にまとめました。音楽の素晴らしさについては聴いていただければわかると思いますのでぜひ。

グライムス(クレア・バウチャー)の略歴

カナダの名門校であるマギル大学にて、神経科学と哲学を学んでいたグライムス(本名:クレア・バウチャー)。その間に音楽制作を始め、2010年にデビュー・アルバム『Geidi Primes』をリリースしました。

そして2012年、3rdアルバム『Visions』の収録曲「Oblivion」と「Genesis」で注目を集めます。特に「Oblivion」は、2019年に発表されたピッチフォークの「2010年代のベスト・ソング」にて2位を獲得したほどの名曲です。

Grimes - Oblivion

宅録ポップ女子としての名声を得た彼女ですが、天才ゆえに一筋縄ではいきません。前述したピッチフォークなどの大手メディアや音楽界にはびこる女性差別と戦ったり、SNSでの発言などが炎上したり、精神的に疲弊した時期もありました。

Grimes - Genesis

とはいえ、2015年の4thアルバム『Art Angels』も各所から高い評価を得ました。その5年後、2020年2月21日には5thアルバム『Miss Anthropocene』をリリースと、精力的な活動を続けています。

なお、2019年にはウォール・ストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal)の記事で「グライムス」という名を「kill」するとで語っており、最近は高速を表す記号「c」と名も使っています。ただわかりづらいので、この記事ではグライムスで統一します。

アニメオタクの親日家

グライムスはかねてよりジャパニーズ・カルチャーからの影響を公言しており、その作品には日本の要素がたくさん詰め込まれています。

Her art is influenced by Japanese anime, manga, and comic artists such as Charles Burns and Daniel Clowes.

Wikipedia「Grimes」

かつてThe Japan Times(ジャパンタイムズ)でもフィーチャーされており、影響を受けた日本カルチャーや日本人としては、草間彌生、きゃりーぱみゅぱみゅ、菅野よう子、川井憲次、芸能山城組、『AKIRA』、『ゼルダの伝説』が挙げられています。

また、先ほど触れた「Oblivion」のMVは『セーラームーン』と『となりのトトロ』の“小さいけれど強い主人公”に感化されて制作されたとのこと。

The musician says that the music video for her song “Oblivion” borrows from the archetype of the small but powerful female protagonist seen in Sailor Moon and Totoro.

Japan's influence on Grimes grows deeper

特に『セーラームーン』の影響は至る所に見られますね。楽曲「My Name is Dark」のMVには、日本語のテロップ、『落第騎士の英雄譚』や『エヴァンゲリオン』などのアニメ映像なんかも見られますが、自身はセーラームーンに扮しています。

MY NAME IS DARK (LYRIC_VIDEO) (NOT thee OFFICIAL VIDEOOO, just a cute vibe) Xxo

彼女のオタク遍歴は小学校のときからスタートしたとのこと。ABC Newsのインタビュー動画で触れています。が、いかにもナードっぽい超絶早口(笑)。私にはちゃんと聞き取れません……。

Grimes Interview 2012: Claire Boucher Discusses Artistic Alter-Ego, Album 'Visions'

"In my elementary school, all the cool girls were the Japanese girls," she said. "They were the prettiest girls. And they all had their Sailor Moon cards, and I was just like, 'I really want a Sailor Moon card. I'll give you crackers and stuff for the Sailor Moon card.' And so I'd have, like, five cards. That was the beginning of the anime obsession. I became very, very obsessed."

Grimes' Artistic 'Genesis': Experimental Electronic Musician Flirts With Pop

そのほか、こちら「REALiTi」のMVは、東京、名古屋、大阪でロケが行われていたり。

3rdアルバム『Visions』のジャケットには「は」など日本語のような文字が。

「Violence」のMVでは、オランダのファッションデザイナー、イリス・ヴァン・ヘルぺンが日本の伝統技術「墨流し」からインスピレーションを得て制作したドレスを着用しています。

Grimes & i_o - Violence (Official Video)

The ethereal dress is a suminagashi-inspired piece from the designer's recent Fall 2019 couture collection.

Grimes Is an Ethereal, Futuristic Goddess in Her New Video

Twitterでは、日本人デザイナー/アーティスト、みつめ(MITSUME)が描いたイラストに反応も。

さらに「Delete Forever」のMVでは 『AKIRA』 に出てくる玉座と思われる椅子に座っています。

Grimes - Delete Forever (Official Video)

いや、本当に挙げたらキリがないですね。ちなみに2016年の単独来日公演では、ジバニャンの帽子をかぶっていました。むちゃくちゃ可愛かったな……。

ファッション界からのラブコール

ミュージックビデオや写真からもわかると思いますが、原宿カルチャーやサイバーパンクを彷彿とさせる個性的なスタイルも人気のグライムス。衣装は基本的に自ら手掛けていますが、ファッション界の重鎮からラブコールが贈られることも多々。

2013年の「Met Gala」では、シャネルのデザイナーだったカール・ラガーフェルドとコラボレーション。

Grimes Gets Ready for The Met Gala - Vogue - Met Gala

2016年にはルイ・ヴィトンのデザイナーであるニコラ・ジェスキエールに見初められたり。

ステラ・マッカートニーのフレグランス「POP」のイメージモデルにも起用されました。ピンクヘアの子がグライムスで、テーマソングも彼女の楽曲です。

POP by Stella McCartney Film (full edit)

ちなみに2018年、イーロン・マスクと「Met Gala(メットガラ)」に登場した際には、テスラのロゴをモチーフにしたチョーカーを身につけていました。イーロン・マスクがデザインしたみたいですね。

そして2019年には、再タッグとなるステラ・マッカートニーがアディダスとコラボレーションした「adidas by Stella McCartney」のイメージモデルに起用されました。

このコレクションは環境問題をテーマに掲げており、再利用のポリエステルなど環境に優しい素材で作られているのが特徴。これがグライムスとぴったり重なったことも起用の理由だそうです。

環境・社会・健康問題への高い意識

環境問題への意識が非常に高いグライムス。ペットボトルも一切使わないと2015年のインタビューで公言しています。一歩先を行っていますね。

Yeah, definitely, whenever possible. Vegans are too hard-line, but I don’t eat meat or dairy—and I never use plastic bottles.

Grimes On Her New Scene-Stealing Look—And Why Instagram is Killing Her Hair Color Vibe

また、カナダの環境問題に関するプロジェクトに賛同し、資金集めのためにグッズを作ったり、「気候変動の女神」がテーマのコンセプト・アルバム『Miss Anthropocene』を制作したり。

肉や魚に加え、卵や乳製品を食べないヴィーガンでもあります。ヴィーガンというと、個人的にはその強固な姿勢に引いちゃうこともしばしばあるんですが、彼女は「幸せな気持ちになるから、たまにはヴィーガンが食べないものも食べる」というスタンス。この柔軟さはとても好き。

that said, I also occasionally enjoy things i used to eat because it makes me feel good and i am less discouraged about not eating those things the rest of the time.

Grimes Responds To Criticism From Dogmatic Asshole Vegans

フェミニストとして女性の権利のためにも立ち上がります。NEMの記事曰く「男性プロデユーサーがホテルの部屋に来ないと曲を完成させない、みたいな状況はたくさんあった」。

She then added: “But I will say that I’ve been in numerous situations where male producers would literally be like, ‘We won’t finish the song unless you come back to my hotel room.’

Grimes addresses ‘hostile environment’ for women in music

なお、フェミニストである上で、彼女は自身を「男性嫌悪」ではないと断言し「男性がみんな性差別主義者なわけじゃない」と語っています。

“I promise I do not hate men at all, nor do I believe that all men are sexist or that all men behave in the ways described above.”

Grimes Rails Against Sexism: ‘I’m Done With Being Passive’

地球や人権に加え、自分の肉体についての考えも深いです。彼女の一日は、NAD+、アセチルL-カルニチン、マグネシウムのサプリメントの摂取からスタート。ミトコンドリアの活動を活発化させるためだとか。

さらに、過去、現在、未来と時空を超えるため、2~4時間はアイソレーション・タンクに浸かります。

Grimes’ training “takes a 360 approach”, the musician details. She starts off her day by taking supplements including NAD+ (the miracle molecule), Acetyl L-Carnitine, and Magnesium, in order to maximize the function of her mitochondria. Grimes apparently then spends between two to four hours in her deprivation tank. “This allows me to “astro-glide” to other dimensions – past, present, and future,” she writes.

GRIMES SHARES HER WORKOUT ROUTINE, INCLUDES SWORD-FIGHTING AND SCREAMING

そのほかにも、剣術の稽古、ストレッチ、遠赤外線サウナ、絶叫セッションなど、かなり独特な健康法を実施しているとのこと。

……ここまでくると少々スピリチュアル的というか、なんのこっちゃわからないです。ただ、凡人には理解できないこういった不思議ちゃん的な思考回路が、イーロン・マスクとの出会いに結びつくわけですね。

グライムスと実業家を繋げた「Rococo basilisk」

インディ界のポップアイコンであるグライムスと、世界的大企業テスラおよびスペースX社のCEOである実業家のイーロン・マスク。グライムスは妊娠を発表しましたが、その父親はおそらくイーロン・マスクだろうと言われています。

なんの接点もなさそうなこの二人が繋がるきっかけとなったのは「Rococo basilisk」という造語。

発展したAIによって世界が滅亡する、という思想を表した「Roco's basilis(ロコのバシリスク)」という言葉があるのですが、これに18世紀の美術様式「Rococo(ロココ)」をかけたのが「Rococo basilisk」です。

つまり誰にも理解されそうにないハイレベルなジョーク。イーロン・マスクはこれをツイートしようとしたんですね。ところがグライムスがずっと前に「Rococo basilisk」を開発(?)していたことを知るわけです。

それがこちら「Flesh without Blood」と「Life in the Vivid Dream」の2曲が一緒になったMV。ここに登場するキャラクターが「Rococo basilisk」とのこと。

Grimes - Flesh without Blood/Life in the Vivid Dream

だんだんわけがわらかなくなってきました(笑)。意味不明です。だからこそ理解し合えた二人は急接近。交際に発展します。

言ってしまえば、グライムスはイーロン・マスクの先を行っていたわけですよ。

こういうわけもあって「グライムス=イーロン・マスクの彼女」と片付けられることに納得がいかないのでした。

ネット上では「痛い」とか「メンヘラ」とか揶揄されたりもしていますが、非凡だからこそ面白いと思うんですよね。それでいてグライムスは万人受けする感覚も持ち合わせているので、ぱっと見の印象ほどとっつきづらくはないはずです。

もちろん音楽の才能は突出していますしね。気になった方は、ぜひアルバム単位で聴いてみてください。

\キャンセル・プラン変更も可能/